topimage

2017-07

塾長の塾長による - 2017.07.06 Thu

 ほぼ1ヶ月半ぶりに勉強を再開して、週末は科目試験を受けて来ました。新塾長が執筆されたテキストの科目、新・日本史特殊1です。持ち込み可ということもあって試験勉強にはあまり集中できず、そのツケで、当日の解答も不十分なものに終わった感が否めません。つまり今回も、持ち込み可を甘くみてはいけないという原則をおろそかにしてしまった訳で、ちょっと後悔。
 しかし、この科目のレポートのコメントには感激しました。新テキストを書かれた先生は春に塾長に就任されたので、超ご多忙に違いないのに、ちゃんとレポートを読んで「充実している」とコメントを書いてくださったのです。お題はとっつき易いものでしたが、歴史上の事態を自分なりに消化して、自分の言葉でレポートにまとめ上げるのにかなり手間取ったので、結果的に評価して頂いてとても嬉しく思いました。だったら、試験勉強も周到にやらなくちゃって、自分に蹴りを入れたい感じです。
 でも、試験が終わったので、とりあえず一安心。夏スクまでに次のレポが書けるといいのですが。。

 気分転換にぴったりの映画は、『世界にひとつの金メダル』。ギョーム・カネとダニエル・オートイユが胸を打つ親子役という作品のわりにひっそりと公開されていますが、80年代に活躍した馬術競技の選手の実話は、驚きの連続でした。とりわけ、個性的な主人公と馬のジャップルーを見守る父親の深い愛情が余韻を残す佳作です。ただ、陳腐な邦題がせっかくのハラハラドキドキ感を削いでいるような?
スポンサーサイト

卒論はまだ3合目 - 2017.06.22 Thu

 しばらくの間、勉強をお休みしていたら、早7月のテストが迫って来てしまいましたが、5月の反省の続きです。通信での5月の大きなイベントは、やはり2回目の卒論ご指導でした。初回のご指導では、とにかく何か書いたものを見ないことには、と先生から言われたこともあり、GW前後は卒論の制作にはまっていました。でももう、GWっていつよっていう感じですね。
 2回目のご指導に向けて、初回にゴーサインを頂いていた比較的細かい章立てを変更して、大きな章を中心に組み立てることにしましたが、まだ内容の中心には至っていないので、もっと書き進めば、章のあり方はまた変わるかも。
 半年に1回という時差のあるご指導のため、よく耳にするのが、先生のご指摘が半年前と違ってしまうということ。それは学生側も同様で、書いているうちに半年前に主張していたことと内容が変わって来ることはままあるに違いありません。
 しかし、せっかく、卒論制作体制に入ったのに、レポートやテストやスクーリング、加えて個人的なスケジュールと、さまざまなイベントが挟まるため、卒論に集中できる時間を確保するのは結構難しい。とはいえ、初回から2万字くらい用意してご指導に臨む方も少なくないようなので、スローペースの私も秋のご指導までには論文をもっと形にしておかなければいけません。

 画像は、私の卒論にも若干関係のあるパリ郊外のメゾン城、ルイ14世の間。国王のお抱え建築家マンサールによる設計ですが、残念ながら外観は只今修復中。

5月をふり返る - 2017.06.08 Thu

早いもので、2017年ももう折り返し地点が目の前。ブログは4月の科目試験前から止まってしまっていましたが、ふりかえって見ると、成果はそこそこあったような?
 まず、試験は西洋史特殊1とフランス文学史2を受けて、結果はAとS。持込み可の西洋史特殊は、図書館で借りた重〜い本を持ち込んだのに、何の役にも立たず、帰りにそのまま返却。絶対に出題されないだろうと決めつけていた問題が出たために、答案作成は迷走してしまいました。ヤマが外れることには慣れているけれど、自分勝手な思い込みは本当に危険ですね。
 翌日のフランス文学史2は、体調不良で朝7時半まで一睡もできず、もう棄権しようと覚悟を決めてうとうとし、ふと目が覚めのが朝の10時。試験はお昼過ぎからだったので、やっぱり行ってみようと用意をして、朝食(ブランチ?)中にテキストの新鮮な部分に目を通したら、なーんとその辺りが出たのです。睡眠時間2時間ちょいのボーっとした頭で臨んだわりにはラッキーで良かった。でも、実は問題の選択を間違えていて、よく考えたら選択しなかった問題の方がまだ知識があったことに帰宅してから気がつき、それも体調不良のせいだって頭を抱えたのでした。
 とりあえず、結果は良かったので、ひとまず安心。調子が悪い、覚えられない、もうムリだって思っても、テストは受けて見ると必ず良いことがあるので、今後も事前にめげず、棄権せずに臨んで行こうと思います。

フォントネー2
 画像は、西洋史概説1にも登場するシトー会の現存する最古の修道院フォントネー。緑まぶしい心洗われるような場所でした。

やっとやっと届いた - 2017.04.06 Thu

 試験が明後日に迫っている中、待ちに待った2017年度の配布物セットがやっと届きました。つまり、今日まで去年度の過去問集が手元になかったのです。周りの人たちに届いている配布物がうちに着かないのは、どこかで行方不明になったためかと心配して、事務局に問い合わせたところ、発送はされているからそのうち着きますよみたいなお返事には力が抜けました。けど、ともかく無事に配達されて良かった。
 配本が終わった人への発送は最後に回されたのかしら?でも、試験直前まで過去問集が見られないなんて、今回が初めてのような。今年度のレポート課題だって結構テストの参考になるのに、テンパっている学生の気持ちをもう少し汲んでほしいと思うのは甘えかな?
 2回目の卒論ご指導の案内も来たし、なんとも慌ただしい春になりそうです。

 試験前でも今週の1本は、『モン・ロワ〜愛を巡るそれぞれの理由』。
住む世界が異なる男性の虜になった弁護士の女性トニー(エマニュエル・べルコ)の幸せな愛の日々と不実な相手との苦い葛藤が、過去を清算するトニーの視点から独特のテンポで描かれます。相手役のジョルジオ(ヴァンサン・カッセル)と関わる女性は、みんなクスリに頼るようになるので、麻薬のような魅力を持つ男とジェットコースター的恋愛にはまってゆくにはかなりの度胸と覚悟が必要ですね。今をときめくマイウェン監督も、10代でリュック・ベッソンと出会い、辛い体験をしたからこそ今があるのかも知れませんが。
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/monroi/

受けて良かった1月科目試験 - 2017.02.25 Sat

 さて、期待と諦めが入り混じった1月の科目試験の結果が出ました。今回も成績通知の封筒が到着するまでkccチャンネルに行くのはぐっと我慢、というか相変わらず勇気がなかったのが本音です。
 そして、気になる成績は、東洋史特殊A、社会学史2もA。これはかなり感動もので、封筒が届いた昨日は1日中上機嫌で過ごすことができました。というのも、正月早々風邪を拗らせてずっと辛かったので、1月の試験は諦めて棄権しようかと思ったくらいだったのです。でも、私が今後受けたい科目は群が偏っているため、ここで試験自体を棄権すると後がきつくなるから、東洋史特殊だけは何とか単位をと臨んだ次第です。結果的に良い成績がもらえて、本当に良かった。ちなみに、この科目はテキストが平易で面白いし、スクーリングも楽しいから、お勧めです。
 マックス・ウェーバーの方は私には難しくて途中で投げ出したくなったくらい。試験中も迷走してしまい、テスト問題を読み間違えていたことに終了5分前に気がついて後の祭り(>-<)だったのだけど、奇跡的にこの成績がもらえたということは、読み間違えてなかったのかも?
 ともかく、終わり良ければすべて良し。テストは参加することに意義があるというのを実感した科目試験でした。  

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nono

Author:nono

慶應通信 67期10月学士入学:文学部 第2類
行き当たりばったりで勉強中。
興味の対象:フランス史と西洋美術史

最新記事

カテゴリ

学習計画 (4)
専門必修科目 (15)
西洋史概説I (5)
歴史哲学 (2)
史学概論 (0)
東洋史概説I (0)
地理学I (0)
専門選択科目 (15)
フランス文学概説 (4)
19世紀のフランス文学 (7)
20世紀のフランス文学 (2)
国文学 (0)
フランス語 (5)
夜間スクーリング (11)
その他 (30)
夏期スクーリング (6)
卒論 (1)

最新コメント

ランキング

四季の風景時計

カウンター

単位取得状況

必修外国語
フランス語第一部(2)
フランス語第二部(2)
フランス語第三部(2)
フランス語第四部(2)
フランス語IV-A(1)
フランス語IV-B(1)
計10単位/8単位算入

専門科目:テキスト
西洋史概説 I (2)
歴史哲学(2)
オリエント考古学(2)
東洋史特殊(2)
西洋史特殊I(2)
フランス文学概説(3)
十九世紀のフランス文学l(3)
十九世紀のフランス文学Ⅱ(3)
二十世紀のフランス文学(3)
フランス文学史II(4)
ロシア文学(2)
科学哲学(4)
社会学史2(2)
(計34単位/40単位中)

専門科目:スクーリング
西洋史概説(2)夏スク
東洋史概説(2)夏スク
西洋史特殊(2)夜スク
東洋史特殊(2)夏スク
日本史特殊(2)夏スク
西洋史概説(2)夏スク
イタリア文学(2)夏スク
フランス文学(2) 夏スク
音楽史(2)夜スク
図書館・情報学(2)夜スク
西洋美術史(2)夜スク
宗教学(2)夜スク
人文地理学(2)夜スク
日本史特殊(2)夜スク
総合講座(2)夜スク
(計30単位/28単位算入)
計62単位/68単位中

学士入学おまけ/40単位

RSSリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

アーカイブ

毎日の花の色と四季

毎日の花色と四季の景色変わります