topimage

2017-10

成績とレポート提出と夜スクと - 2016.12.02 Fri

 11月を振り返ると、レポートを書かなきゃという焦りと夜スクに追われていた感じです。レポートは締め切り当日、閉店?間際の三田の郵便局に駆け込んだら、同じような封筒を持った女性がいたので、一抹の親近感を抱いてしまいました。
 私が出したのは手書きの「東洋史特殊」。レポート書くのも苦しんだけど、手書きで仕上げるのも案外時間がかかって慌てました。ただ、自分のワープロ原稿を写経することで、レポートの結論部分の弱点に気がついたから、やはり手間をかけた意義はあったかも。毎回プリントアウトしたレポートを手書きで書き直して提出している先輩の気持ちが少しわかったような気がします。
 心配していた「二十世紀のフランス文学」は無事に良い成績が貰えて大喜び。この科目は珍しくレポートに気合が入って達成感もあったけど、新設の「フランス文学2」はそうは問屋が下ろさないから、頭がイタいです。
 結構楽しい夜スクも総合講座のテストは毎回論旨があやふやになってしまい、中途半端な答案を提出している自分が情けない。2回毎に先生もテーマも変わるのは新鮮なのだけど。
 ladernierelecon
 久しぶりの今週の1本は『92歳のパリジェンヌ』。ジャック・シラクのもとで首相を勤めた社会党の故リオネル・ジョスパンのお母さんの実話で、自立した一人暮らしが送れなくなりつつある92歳のマドレーヌが選択した終活とそれに向き合う娘の葛藤がテーマ。娘役のサンドリーヌ・ボネールがさすがの熱演です。人生の終わらせ方について、深く考えさせられる佳作でした。
http://gaga.ne.jp/92parisienne/
スポンサーサイト

試験切り抜けたかと思いきや - 2016.10.17 Mon

 今回の科目試験は1科目だけ、 「20世紀のフランス文学」を受けました。今年でもう終ってしまう科目なのに、グズグズしていてレポートを出したのが夏。以来、スクーリングや体調不良で次のレポートが遅々として進まなくて。。
 そして、科目試験。幾つかの問題のうち1つ選ぶだけなのに、そもそも書けるものが1つしかなかった。つまり、またヤマが殆どはずれたわけです。
 一応勉強したものについては何とか書けたので、 試験後は文学部の公開講座《文学部を体感する》を聞きに南校舎へ。社会学の岡原先生とそのお弟子さんのアート・ディレクターの方との掛け合いはなかなか面白いかったです。
 しかし、会場でお会いした卒業生の方によると、なんとこの科目は正しい内容を書いても落とされることがあるとか!どうも答案になるべくたくさん書かないといけないみたいで、その基準だと私の回答量では足りないかも知れません。
 問題は後がないということ。この科目は来年1月が最後の試験のはずだから、今回もし落としたら、あと1回しかチャンスがない。レポートはこれまでで一番というくらい褒めて頂いた科目なので、絶対ムダにはしたくないのに。(だったら、もっと真面目に勉強せい!)
 というわけで、今回も神頼みの結果待ちです。
 
 今週の1本は、「人間の値打ち」です。
イタリア・アカデミー賞をはじめ、あちこちで賞を取ったという鳴り物入りの作品なので、ちょっと期待し過ぎました。クリシェがいっぱいだし、登場人物の誰にも共感できず、もう少し深みのある人物像を描けなかったのか?という物足りなさが否めません。とは言え、構成は面白く、最後まで画面には引き付けられました。
http://neuchi-movie.com/

科学哲学のレポ帰宅 - 2016.04.25 Mon

 心配していた「科学哲学」のレポートが無事戻って来ました。2014年のお題「科学革命」の有効期限が切れる数時間前に出したレポートだったから、もしも落としたらこの科目自体を諦めようと思っていたので、合格の二文字に胸をなでおろしました。先生、ありがとうございます!
 コメントは初めてのワープロ打ち。とても真面目で丁寧な先生で、全体にわたってレポートに鉛筆線や囲み、そして添削が。。しかも、参考文献の引用のように、レポートの何ページの何行目から何行目はこういう内容だから、〜についてもう少しきちんとまとめてほしかったとまで書いてくださいました。言われてみればその通りで、指摘して頂かなければ気がつかなかった点です。
 この科目のテストは持込み可なのですが、以前と違って難しくなっているらしく、結構レポを落としたりテストを落としたりという話を聞くので、すんなり単位が取得できるかどうかはかなり微妙かも。でも、レポが通っていれば、テキストが改定されない限りテスト受験の権利は有効なのだから、なんとかものにしたいです。
 「歴史哲学」の時も感じましたが、イヤ苦手って思った分野でも挑戦してみると、知ってよかったと思うことが多いから、やっぱり喰わず嫌いでいるのは損かも知れません。まあ、悲しいことに得意な分野があるわけでもないから、気の向くまま、ゆっくり続けて行くしかないかな。。

1月の試験の奇跡 - 2016.02.26 Fri

昨日、大学から白い封筒2通が届きました。1通は学生証に張る在学証明書で、1通は「十九世紀のフランス文学Ⅱ」の試験結果です。KCCのサイトに成績発表が出ているのは聞いていたけれど、今回も紙のお知らせを首を洗って待っていました。
恐らくB、下手するとCかもと悲観的だった成績予想に反して、なんとAだったので大喜び。出された問題は全て何となくテスト勉強時に敬遠していた人や事柄についてだったので、思い出せる知識を総動員しても裏まで書くのは大変だったのに。それでもAが貰えたのは、初詣で買った学業お守りのお陰に違いないような^^。
しかしこの科目、今年限りで終了してしまうのよね。それほど古いテキストでもないのに自由・平等・友愛を昔のように「博愛」と記したり、ティエールを「チエール」と表記しているのが気になったけど、教科書改訂でなく終了となると一抹の淋しさが。。新たに設けられるフランス文学史にも期待しています。

画像はかなり好印象だったフランス映画「あの頃エッフェル塔の下で」。さすがアルノー・デプレシャン監督、自伝的な内容をそれは上手に料理しています。

科目試験の反省 - 2016.01.22 Fri

 日曜日に「十九世紀のフランス文学Ⅱ」の科目試験を受けてから、もやもや感が消えずに日にちだけが過ぎて行きます。過去問(大学がくれたもの)を分析して傾向をつかんだつもりだったのに、みごとにはずしたから。
前回の「ロシア文学」の時も過去問に頼り過ぎて、いざテスト本番で傾向が変わっていることに気がつき、動揺してしまったのに、その経験からあまり学ばなかったわけですね。結果的に「ロシア文学」はAを貰えたので良かったけれど、今回は厳しそう。
 何しろテキストで紹介されている作家が18人。全員の作品や年代を覚えるには多過ぎるので、比較的よく知っている人と名前しか知らない人とを分けて、軽くノートにまとめる努力をしたのですが、毎度のことで時間切れとなりました。よって、もしも試験に出たら数行だけ書いて、他の問題に力を入れることでカバーしようとやむなく数人を脇によけたら、なんとその数人が全て出題されたのです。
 なら、今回は諦めてテスト棄権というか、さっさと提出して早々に退出する手もあったのだけど、せっかく5日間勉強したことをムダにするのも気が引けたので、何とか思い出せることだけは書いて来ました。でも、脇によけた数人とはいえ、テストの朝、家を出る前に一応確認した作品名を殆ど思い出せなかったのは悲しかった。若い時の記憶力とは雲泥の差であることは日々身に沁みているけれど、試験となると意外に思い出せるはずなのに。。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nono

Author:nono

慶應通信 67期10月学士入学:文学部 第2類
行き当たりばったりで勉強中。
興味の対象:フランス史と西洋美術史

最新記事

カテゴリ

学習計画 (4)
専門必修科目 (15)
西洋史概説I (5)
歴史哲学 (2)
史学概論 (0)
東洋史概説I (0)
地理学I (0)
専門選択科目 (15)
フランス文学概説 (4)
19世紀のフランス文学 (7)
20世紀のフランス文学 (2)
国文学 (0)
フランス語 (5)
夜間スクーリング (11)
その他 (31)
夏期スクーリング (7)
卒論 (1)

最新コメント

ランキング

四季の風景時計

カウンター

単位取得状況

必修外国語
フランス語第一部(2)
フランス語第二部(2)
フランス語第三部(2)
フランス語第四部(2)
フランス語IV-A(1)
フランス語IV-B(1)
フランス語IV-B(1)
計11単位 / 8単位算入

専門科目:テキスト
西洋史概説 I (2)
歴史哲学(2)
オリエント考古学(2)
東洋史特殊(2)
西洋史特殊I(2)
新・日本史特殊l(2)
フランス文学概説(3)
十九世紀のフランス文学l(3)
十九世紀のフランス文学Ⅱ(3)
二十世紀のフランス文学(3)
フランス文学史II(4)
ロシア文学(2)
科学哲学(4)
社会学史2(2)
(計36単位 / 40単位中)

専門科目:スクーリング
西洋史概説(2)夏スク
東洋史概説(2)夏スク
西洋史特殊(2)夜スク
東洋史特殊(2)夏スク
日本史特殊(2)夏スク
西洋史概説(2)夏スク
イタリア文学(2)夏スク
フランス文学(2) 夏スク
フランス文学史(2) 夏スク
音楽史(2)夜スク
図書館・情報学(2)夜スク
西洋美術史(2)夜スク
宗教学(2)夜スク
人文地理学(2)夜スク
日本史特殊(2)夜スク
総合講座(2)夜スク
(計32単位 / 28単位算入)

学士入学おまけ / 40単位
計119単位中 / 112単位算入

RSSリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

アーカイブ

毎日の花の色と四季

毎日の花色と四季の景色変わります