topimage

2016-09

通信生は通学生より不利か? - 2016.09.11 Sun

 三田の夏スクⅢ期は、面白いと評判のアメリカ史を受講しました。予想以上に型破りの先生で、あれこれ裏話まで伺えて期待にたがわず楽しい授業でした。なんと担当の教授が夏スクを持つのは6年ぶりで、しかも今月で退職されるとか。ギリギリ間に合って良かったわ。
 その先生から、「通信生は通学生よりも不利だから(テストは)その辺を考慮してほしいと言う人が時々いるけれど、通信生が不利だとは思わない」という趣旨のお話がありました。Ⅰ期の先生も通学生と同じ条件でテストをしたいという方だったので、対面授業についてのこの問いを少し考えてみました。
 確かに夏スクは通信ならではの集中講座で、午前と午後とも 3期びっしり6科目入れるとかなり大変、テストの準備も時間を取りにくいかと。かといって週1の夜スクはやはり仕事や住まいの関係で参加できる学生がより限られるし、遠くから飛行機や新幹線で毎週通われる方には経済的にもかなりの負担になるに違いありません。
 一方で、通信の授業料と同様にスクーリングの受講料はとても低く抑えられているし、卒業認定単位にこだわらなければ在籍中は毎年スクーリング授業を受講することが可能です。
 そして、先生方がよく仰るのが何と言っても通学生との出席率の違い。通学過程では登録人数は多くてもテストが近くならないと授業に出て来ない学生が多数いるのに対して、通信生はやむを得ない時以外、授業に出席する学生が殆どだから、モチベーションの高さは一目瞭然。生徒が熱心に聞いてくれれば、先生の意欲も高まって授業が盛り上がるという好循環が期待できますね。
 やはり、スクーリングは体力的、時間的には大変な場合が多いけど、通学生に比べて通信生が不利とは言えない感じです。そんな中で、真夏の最中に通って来る通信生は大変だからと出席を考慮してくださる先生はとてもありがたい存在かも。文科省はなぜか出席を成績に加えることに反対しているそうですが。。

 画像は大好きなクロード・ルルーシュ監督の『アンヌとアントワーヌ〜愛の前奏曲』。音楽はおなじみフランシス・レイ。いつものクロード・ルルーシュを期待するとちょっと物足りないけれど、なかなか心地良い作品に仕上がっています。主役は愛よりインドのような?
http://anna-movie.jp/ 
 
スポンサーサイト

空振りした科学哲学 - 2016.09.02 Fri

 4単位かつ持込み可に目が眩んで7月に受験した科学哲学、届いた結果はなんとC。ついに取ってしまった悪い成績にしばし絶句、つまり私が書いた答案は40点から59点の間だったというわけです(泣)。
 私が試験前に何とか理解しようと勉強した量子論も進化論もお呼びではなかったので、回答はひたすらテキストと参考書を写しました。テスト中にテキストを読み、おおっこれはそういうことかと思いながら写したという有様だったけど、本を写したのだから間違ったことは書いていない筈、なのに。。
 焦ったので、字がいつも以上に悪筆で解読し難かったことが敗因かしら?
 今年は夏スクもテストに失敗した気がするから、なんとも憂鬱。スクーリングでもCがついたり、答案を埋めたのに単位が取れないケースもあるとか。まあ、人生そういうものかも。4単位は甘くないって身に沁みた夏の終わりです。

 今週の1本は、『ティエリー・トグルドーの憂鬱』です。こちらも去年のカンヌを大いに沸かした作品で、今やフランスを代表する俳優でありながら賞には無縁だったヴァンサン・ランドンが主演男優賞を受賞したことが花を添えました。フランスが、そして多くの先進国が直面している痛い現実が描かれます。この映画を観てからしばらくは、スーパーで商品を手にするのも用心深くなったくらい。
 ちなみに、ヴァンサン・ランドンにはモナコの王女とプロヴァンス地方に駆け落ちしたという過去も。
http://measure-of-man.jp/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nono

Author:nono

慶應通信 67期10月学士入学:文学部 第2類
行き当たりばったりで勉強中。
興味の対象:フランス史と西洋美術史

最新記事

カテゴリ

学習計画 (4)
専門必修科目 (15)
西洋史概説I (5)
歴史哲学 (2)
史学概論 (0)
東洋史概説I (0)
地理学I (0)
専門選択科目 (15)
フランス文学概説 (4)
19世紀のフランス文学 (7)
20世紀のフランス文学 (2)
国文学 (0)
フランス語 (5)
夜間スクーリング (11)
その他 (31)
夏期スクーリング (7)
卒論 (1)

最新コメント

ランキング

四季の風景時計

カウンター

単位取得状況

必修外国語
フランス語第一部(2)
フランス語第二部(2)
フランス語第三部(2)
フランス語第四部(2)
フランス語IV-A(1)
フランス語IV-B(1)
フランス語IV-B(1)
計11単位 / 8単位算入

専門科目:テキスト
西洋史概説 I (2)
歴史哲学(2)
オリエント考古学(2)
東洋史特殊(2)
西洋史特殊I(2)
新・日本史特殊l(2)
フランス文学概説(3)
十九世紀のフランス文学l(3)
十九世紀のフランス文学Ⅱ(3)
二十世紀のフランス文学(3)
フランス文学史II(4)
ロシア文学(2)
科学哲学(4)
社会学史2(2)
(計36単位 / 40単位中)

専門科目:スクーリング
西洋史概説(2)夏スク
東洋史概説(2)夏スク
西洋史特殊(2)夜スク
東洋史特殊(2)夏スク
日本史特殊(2)夏スク
西洋史概説(2)夏スク
イタリア文学(2)夏スク
フランス文学(2) 夏スク
フランス文学史(2) 夏スク
音楽史(2)夜スク
図書館・情報学(2)夜スク
西洋美術史(2)夜スク
宗教学(2)夜スク
人文地理学(2)夜スク
日本史特殊(2)夜スク
総合講座(2)夜スク
(計32単位 / 28単位算入)

学士入学おまけ / 40単位
計119単位中 / 112単位算入

RSSリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

アーカイブ

毎日の花の色と四季

毎日の花色と四季の景色変わります