topimage

2017-10

柄にもなく週末スク - 2017.09.25 Mon

先週から週末スクを初体験しています。週末が3回も潰れるのはかなしいし、体力的にも結構きついかと思ったのですが、リズムとしては悪くない感じ。週末スクは初めてという先生も、猛暑の中を連日の夏スクほどきつくないし、かといって12回もある夜スクより集中して学習できるから、案外いい感じという感想のようです。
 しかし、テストの準備には時間がかかりそう、おまけに夜スクも始まってしまいました。もう卒業単位になるわけではないけれど、悪い成績がつくのだけは勘弁してほしいので、これからテスト準備に取り掛からなくては。

 今週の1本は、ダニエル・トンプソン監督の『セザンヌと過ごした時間』です。エクス・アン・プロヴァンスで共に過ごした幼少期の記憶に生涯を左右される、ポール・セザンヌとエミール・ゾラのヒリヒリするような友情を描いた映画で、深く感じ入りました。静物画や風景画などの作品が多いセザンヌが、それは激しい性格で、作家として大成功するゾラとは対照的にサロンに落選し続けたために、強い挫折感や焦燥、葛藤、嫉妬など、自分でもコントロールできない感情を持て余していたとは。『制作』で仲違いするまで、セザンヌを物心両面でサポートし続けたゾラの人間性には共感しきりです。この映画のお陰で、スクーリングの課題図書の一つ、ゾラの『獣人』が2倍面白く読めたし、決定的に仲違いしたとされる二人が、実はその後にも交流があったことが近年知られるので、監督の想像による別離の様子も安心して受け止められました。


 
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mirabelle33.blog.fc2.com/tb.php/100-68828c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |  » 夏スク反省日記

プロフィール

nono

Author:nono

慶應通信 67期10月学士入学:文学部 第2類
行き当たりばったりで勉強中。
興味の対象:フランス史と西洋美術史

最新記事

カテゴリ

学習計画 (4)
専門必修科目 (15)
西洋史概説I (5)
歴史哲学 (2)
史学概論 (0)
東洋史概説I (0)
地理学I (0)
専門選択科目 (15)
フランス文学概説 (4)
19世紀のフランス文学 (7)
20世紀のフランス文学 (2)
国文学 (0)
フランス語 (5)
夜間スクーリング (11)
その他 (31)
夏期スクーリング (7)
卒論 (1)

最新コメント

ランキング

四季の風景時計

カウンター

単位取得状況

必修外国語
フランス語第一部(2)
フランス語第二部(2)
フランス語第三部(2)
フランス語第四部(2)
フランス語IV-A(1)
フランス語IV-B(1)
フランス語IV-B(1)
計11単位 / 8単位算入

専門科目:テキスト
西洋史概説 I (2)
歴史哲学(2)
オリエント考古学(2)
東洋史特殊(2)
西洋史特殊I(2)
新・日本史特殊l(2)
フランス文学概説(3)
十九世紀のフランス文学l(3)
十九世紀のフランス文学Ⅱ(3)
二十世紀のフランス文学(3)
フランス文学史II(4)
ロシア文学(2)
科学哲学(4)
社会学史2(2)
(計36単位 / 40単位中)

専門科目:スクーリング
西洋史概説(2)夏スク
東洋史概説(2)夏スク
西洋史特殊(2)夜スク
東洋史特殊(2)夏スク
日本史特殊(2)夏スク
西洋史概説(2)夏スク
イタリア文学(2)夏スク
フランス文学(2) 夏スク
フランス文学史(2) 夏スク
音楽史(2)夜スク
図書館・情報学(2)夜スク
西洋美術史(2)夜スク
宗教学(2)夜スク
人文地理学(2)夜スク
日本史特殊(2)夜スク
総合講座(2)夜スク
(計32単位 / 28単位算入)

学士入学おまけ / 40単位
計119単位中 / 112単位算入

RSSリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

アーカイブ

毎日の花の色と四季

毎日の花色と四季の景色変わります