topimage

2017-10

日吉の公開講座 - 2015.10.04 Sun

 今日は日吉キャンパスで開かれた公開講座《色と文様の世界》の第一回目で、二人の先生による「色の魅力と不思議」と「動物の体色と生きる戦略」というお話を聴いてきました。定員300名の筈が、大教室が人ひとひとでびっしり。毎回違う先生によるオムニバス講義は大人気で、今年は過去最速で定員に達したため、急遽座席数分の受講生を受け付けることにしたのだそうです。

 前半は色彩学のエキスパート鈴木恒男先生による、世界の人々に好きな色を聞くと日本だけは白が上位に入るというお話が印象的でした。白や黒は色として数えない国もあるのですね。
 好きな色の上位に来ることが多いブルーは、興奮を抑える落ち着いた色ということで、青色LEDが英国グラスゴーの犯罪抑止用に使われたり、日本の各鉄道の自殺防止に使われたりしていますが、残念ながら色にそこまでの効果は期待できないそうです。日吉駅も青色照明を採用したホームがあるけれど、神主さんを呼んでお祓いをするのと同じ程度らしく、第一、鉄道から自殺者を追い出しても別の方法が増えるだけなので、やはり自殺防止には国家的対策が必要なのは自明の理。

 後半は動物の身体の色、特に鳥の羽の色の研究をされている秋山先生のお話で、過剰な紫外線は良くないけれど、骨粗鬆症を防ぐには腸管から毎日カルシウムを吸収する必要があり、そのためには1日15分から30分は紫外線を浴びましょうとのこと。顔には日焼け止めを塗るにしても、本来肌は日焼けするのが自然なのに、それを人工的に阻止するわけだから、まああまり日焼け止めクリームに頼らない方が良いというようなニュアンスでした。
 秋山先生は百名山を全て踏破されたという山好きで、学生時代から年に100日も山で過ごして来たとか。その上で、研究に時間を費やし、授業をこなされているのだから素晴らしい。夜スク週3日に公開講座まで欲張ってしまったため、レポート書く時間が取れなくて困っている自分の器の小ささが悲しいです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mirabelle33.blog.fc2.com/tb.php/50-cac9ab47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西洋美術史と展覧会 «  | BLOG TOP |  » 夜スク始まりました。

プロフィール

nono

Author:nono

慶應通信 67期10月学士入学:文学部 第2類
行き当たりばったりで勉強中。
興味の対象:フランス史と西洋美術史

最新記事

カテゴリ

学習計画 (4)
専門必修科目 (15)
西洋史概説I (5)
歴史哲学 (2)
史学概論 (0)
東洋史概説I (0)
地理学I (0)
専門選択科目 (15)
フランス文学概説 (4)
19世紀のフランス文学 (7)
20世紀のフランス文学 (2)
国文学 (0)
フランス語 (5)
夜間スクーリング (11)
その他 (31)
夏期スクーリング (7)
卒論 (1)

最新コメント

ランキング

四季の風景時計

カウンター

単位取得状況

必修外国語
フランス語第一部(2)
フランス語第二部(2)
フランス語第三部(2)
フランス語第四部(2)
フランス語IV-A(1)
フランス語IV-B(1)
フランス語IV-B(1)
計11単位 / 8単位算入

専門科目:テキスト
西洋史概説 I (2)
歴史哲学(2)
オリエント考古学(2)
東洋史特殊(2)
西洋史特殊I(2)
新・日本史特殊l(2)
フランス文学概説(3)
十九世紀のフランス文学l(3)
十九世紀のフランス文学Ⅱ(3)
二十世紀のフランス文学(3)
フランス文学史II(4)
ロシア文学(2)
科学哲学(4)
社会学史2(2)
(計36単位 / 40単位中)

専門科目:スクーリング
西洋史概説(2)夏スク
東洋史概説(2)夏スク
西洋史特殊(2)夜スク
東洋史特殊(2)夏スク
日本史特殊(2)夏スク
西洋史概説(2)夏スク
イタリア文学(2)夏スク
フランス文学(2) 夏スク
フランス文学史(2) 夏スク
音楽史(2)夜スク
図書館・情報学(2)夜スク
西洋美術史(2)夜スク
宗教学(2)夜スク
人文地理学(2)夜スク
日本史特殊(2)夜スク
総合講座(2)夜スク
(計32単位 / 28単位算入)

学士入学おまけ / 40単位
計119単位中 / 112単位算入

RSSリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

アーカイブ

毎日の花の色と四季

毎日の花色と四季の景色変わります