topimage

2017-10

三田祭は跡形もなく - 2015.11.25 Wed



週末は初めて三田祭見学に行って来ました。(確か学生時代に一度、三田祭に遊びに行ったような記憶が。)各ゼミでテーマを決めて発表しているから一度行った方が良いと言われたので、私が関心を持っている分野の先生方もゼミの研究発表しているといいなと期待したのですが、文学部はさっぱりでした。というのも、発表しているゼミ室は殆ど他学部で、文学部はほんのわずか。他学部に比べてあまりにも数が少な過ぎる。よくシステムがわからないけれど、この差はいったいなぜ?

個人的な収穫は政治学科のヨーロッパ中世についての発表とピアノ・ソサエティーのカフェ、そして三田蔡限定キューピーのストラップ(600円)くらいかな。キューピーはどう見ても100円ショップで売っているようなストラップだけど、とても可愛くて見ているだけで学習モチベーションがあがりそう(本当かな?)。
やっぱり、学園祭って昔も今もクラブやサークルのお祭りだよね。まあ、屋台はどこも美味しかったし、学生さん達の積極的な勧誘が微笑ましかったです。

そして、今夜は昨日の夜スクの代替日。クリスマスイルミネーションの点灯式が始まる田町駅前を横目に、珍しく閑散とした三田キャンパスに向かうと、あの三田祭のにぎやかさはもちろん、屋台やステージはおろか、壁中に張り巡らされていたポスターやパンフレットも跡形もなく片付けられていて、銀杏の葉が渦のように風に巻き上げられているだけ。祭りの後の名残りはどこにもありません。あれだけのイベントにどれだけの時間と労力がかけられたのかなと考えながら、人影まばらなキャンパスを後にしました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mirabelle33.blog.fc2.com/tb.php/56-be65a52e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

締め切り日に間に合ったけど «  | BLOG TOP |  » 超特急でレポート帰宅

プロフィール

nono

Author:nono

慶應通信 67期10月学士入学:文学部 第2類
行き当たりばったりで勉強中。
興味の対象:フランス史と西洋美術史

最新記事

カテゴリ

学習計画 (4)
専門必修科目 (15)
西洋史概説I (5)
歴史哲学 (2)
史学概論 (0)
東洋史概説I (0)
地理学I (0)
専門選択科目 (15)
フランス文学概説 (4)
19世紀のフランス文学 (7)
20世紀のフランス文学 (2)
国文学 (0)
フランス語 (5)
夜間スクーリング (11)
その他 (31)
夏期スクーリング (7)
卒論 (1)

最新コメント

ランキング

四季の風景時計

カウンター

単位取得状況

必修外国語
フランス語第一部(2)
フランス語第二部(2)
フランス語第三部(2)
フランス語第四部(2)
フランス語IV-A(1)
フランス語IV-B(1)
フランス語IV-B(1)
計11単位 / 8単位算入

専門科目:テキスト
西洋史概説 I (2)
歴史哲学(2)
オリエント考古学(2)
東洋史特殊(2)
西洋史特殊I(2)
新・日本史特殊l(2)
フランス文学概説(3)
十九世紀のフランス文学l(3)
十九世紀のフランス文学Ⅱ(3)
二十世紀のフランス文学(3)
フランス文学史II(4)
ロシア文学(2)
科学哲学(4)
社会学史2(2)
(計36単位 / 40単位中)

専門科目:スクーリング
西洋史概説(2)夏スク
東洋史概説(2)夏スク
西洋史特殊(2)夜スク
東洋史特殊(2)夏スク
日本史特殊(2)夏スク
西洋史概説(2)夏スク
イタリア文学(2)夏スク
フランス文学(2) 夏スク
フランス文学史(2) 夏スク
音楽史(2)夜スク
図書館・情報学(2)夜スク
西洋美術史(2)夜スク
宗教学(2)夜スク
人文地理学(2)夜スク
日本史特殊(2)夜スク
総合講座(2)夜スク
(計32単位 / 28単位算入)

学士入学おまけ / 40単位
計119単位中 / 112単位算入

RSSリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

アーカイブ

毎日の花の色と四季

毎日の花色と四季の景色変わります