topimage

2017-10

はじめての講演会参加 - 2013.11.03 Sun

 今日は慶應通信文学会が主催された講演会に出席して来ました。講師は文学部の山本英史教授。私にとっては慶應通信に入学してから初めての学生らしい行動です。つまり、10月は殆ど何もせずに終わってしまったのよ。

 三田キャンパスに近づくと、足早に正門に向かう人がぞろぞろと。講演会ってそんなに通信生が集まるものなの?!でも何だか女性ばかりのような。しかも正門前ではクリアケースを配る人たちがいたので、慶友会から何かのプレゼントか情報かと思ってありがたく頂きました。と、「中等部を受験される父兄の方はこれも」と言って、別のパンフレットを差し出す方が。
なーんと、今日は慶應中等部高等部の受験説明会の日だったのね。私が貰ったパンフレットは塾の案内でした(笑)。

 さて、肝心の山本先生の講演会「中国の文化と歴史」は、固くて難しい内容だったらどうしよう?という危惧に反して、とてもくだけた楽しいお話でした。近年とみに日本人の中国に対する印象が低下している点を考慮して、中国文化の不思議さ、奥の深さを身近な易しい例を挙げて紹介して下さり、とても興味深かったです。
 中国文化は日本文化のルーツであり、漢字も共通しているわりには、気質も習慣もびっくりするほど違うのですね。
しかし、本屋さんから北京についてのガイドブックが消えていたとは。行く人が少なくて売れないのだそうです。恐るべし大気汚染。

 山本教授はサービス精神に富んだ大変感じの良い先生でしたし、コメントでこの講演会を推薦して下さった方、メールでご丁寧に案内して下さった文学会の会長の方に、この場を借りてお礼申し上げます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mirabelle33.blog.fc2.com/tb.php/6-4dec7146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

慶友会の選び方 «  | BLOG TOP |  » フランス語のCD到着

プロフィール

nono

Author:nono

慶應通信 67期10月学士入学:文学部 第2類
行き当たりばったりで勉強中。
興味の対象:フランス史と西洋美術史

最新記事

カテゴリ

学習計画 (4)
専門必修科目 (15)
西洋史概説I (5)
歴史哲学 (2)
史学概論 (0)
東洋史概説I (0)
地理学I (0)
専門選択科目 (15)
フランス文学概説 (4)
19世紀のフランス文学 (7)
20世紀のフランス文学 (2)
国文学 (0)
フランス語 (5)
夜間スクーリング (11)
その他 (31)
夏期スクーリング (7)
卒論 (1)

最新コメント

ランキング

四季の風景時計

カウンター

単位取得状況

必修外国語
フランス語第一部(2)
フランス語第二部(2)
フランス語第三部(2)
フランス語第四部(2)
フランス語IV-A(1)
フランス語IV-B(1)
フランス語IV-B(1)
計11単位 / 8単位算入

専門科目:テキスト
西洋史概説 I (2)
歴史哲学(2)
オリエント考古学(2)
東洋史特殊(2)
西洋史特殊I(2)
新・日本史特殊l(2)
フランス文学概説(3)
十九世紀のフランス文学l(3)
十九世紀のフランス文学Ⅱ(3)
二十世紀のフランス文学(3)
フランス文学史II(4)
ロシア文学(2)
科学哲学(4)
社会学史2(2)
(計36単位 / 40単位中)

専門科目:スクーリング
西洋史概説(2)夏スク
東洋史概説(2)夏スク
西洋史特殊(2)夜スク
東洋史特殊(2)夏スク
日本史特殊(2)夏スク
西洋史概説(2)夏スク
イタリア文学(2)夏スク
フランス文学(2) 夏スク
フランス文学史(2) 夏スク
音楽史(2)夜スク
図書館・情報学(2)夜スク
西洋美術史(2)夜スク
宗教学(2)夜スク
人文地理学(2)夜スク
日本史特殊(2)夜スク
総合講座(2)夜スク
(計32単位 / 28単位算入)

学士入学おまけ / 40単位
計119単位中 / 112単位算入

RSSリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

アーカイブ

毎日の花の色と四季

毎日の花色と四季の景色変わります