topimage

2017-10

テストは受けたものの - 2016.04.12 Tue

 ご多分に洩れず、週末は三田に通ってテストを受けて来ました。持込み可の「オリエント考古学」と持込み不可の「歴史哲学」です。どちらもレポートはほめられて嬉しかったのですが、どうも誰もがレポートはほめられている科目のような。。
 しかし、昨日の2日目、「歴史哲学」の答案を見て、ガーン、前日の持込み可のテストでは答案用紙に試験日時を記入しなかったことに気がついたのです。一瞬血が引いて、せっかく覚えた筈の歴史哲学の要点が頭から抜けそうになりました。(実際に抜けたような気がする。)
 持込み可のテストは、スクーリングの時のテストのように答案用紙に問題が印字されている形式で、何だかいつもと勝手が違ったのですが、受験地と名前、学籍番号は書いたのになぜ日付を入れなかったかな?自分でも間抜けさに唖然。テスト終了時に毎回先生が「名前と学籍番号を確認して下さい」と言うけれど、日付や受験地も確認して下さいとは言われなかったしなあ。日付けが入ってない答案はやっぱり無効になるのでしょうか?
 というわけで、どうも7月にまた同じ科目を受け直すことになるのかも。持込み可というのがせめてもの救いかな。

 画像は、韓国で女性の観客が記録的に大入りしたという映画「背徳の王宮」。遅ればせながら韓流ドラマにはまっているという友達と観に行きました。

 16世紀の初め、朝鮮王朝第10代国王・燕山君(ヨンサングン)と同じく実在の重臣スンジェの繰り広げる時代劇。王の信頼を利用して実権を握ろうとするスンジェは、希代の暴君で色好みの王のために、人妻を含めて国中の1万人もの美女を王宮に連れて来ます。女性たちは王を喜ばせる女になるため、訓練を受けるはめに。スンジェは気の強い幼顔のダニに人目で心惹かれるのですが、彼女には秘めた目的があって。。エロ・グロすれすれだけど、まあまあ面白かったかな。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

Re: 慶應義塾大学通信教育課程学習、誠にお疲れ様です^0^

えんちゃま猫さま、はじめまして。応援メッセージをどうもありがとうございます!充実された塾員ライフを送っていらっしゃるようで羨ましいです。3年でご卒業されたなんて素晴らしいですね。うちの慶友会でも早大出身の方はやはり卒業が早いように感じます。
おっしゃる通り、試験勉強とかに追い詰められるとつい、A quoi ça sert?と自問してしまいますが、えんちゃま猫さまを見習って、初志貫徹、そして継続は力なりを座右の銘にして、卒論まで辿り着きたいと思います。まずは「若き血」をソラで歌えるようにならなくては(^^)。

A quoi ça sert? =what's the use of ? 何の役に立つのかね^ー^;ビジネス上も学問も、我々は絶えず壁にぶち当たります。医学部・東大・一橋大等ご卒業の社会人の方々も数多学ばれている義塾は誠に知的な空間です。1日は万人に等しく24時間です。ニッチ(隙間時間)の有効活用&マルチタスク(複数職務)遂行は ’ビジネスパーソンの真骨頂'です。塾員仲間を増やすべく ’義塾の絆 ’ で、「貴女のビジネス&塾生生活を応援して参ります^0^レポート・科目試験・卒業論文評価は揺るぎなき男女平等の世界で、厳しい現実です。
日吉記念館の ’2回の卒業式参列'は本当に感動致しました。艱難辛苦を克服、栄えあるご卒業達成の日を夢見て、精励されん事を祈念申し上げる次第です。「麗しき 第二の母校 三田の山 精鋭集う 我が義塾ぞ」「懐かしき 日吉の丘に 集いたる 若き血燃ゆる 青春の日」晴れの門出を是非実現させましょう!
私は4月9日(土)図書館塾員入館証更新で、三田キャンパスを訪問致しました(山食で、カツカレー520円を頂きました。激旨!>)。9日(土)10日(日)は第1回科目試験日でしたね。かつての自分を振り返ると共に、慶應義塾大学は’ 青春の母校 ’ 早稲田大学とは全く異なる大人の雰囲気!懐かしいですね。
数多のブロガーさんが「学習日記」を綴られております。私は慶友会には所属せず、独学で在籍3年を駆け抜けました。憲法・民法総論・債権総論の専門科目試験では ’ 複数回不合格 'の憂き目に遭いました(汗)!それでも ’ 早稲田魂 ’で諦めずに挑戦、何とか卒業に至りました。貴女なら大丈夫です!レポート課題内容・科目試験論述傾向を精査され、学習対策に万全を期して頂きたく存じます。それでは又^0^ご返信、誠に有難うございました。おやすみなさい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mirabelle33.blog.fc2.com/tb.php/68-2378405b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

科学哲学のレポ帰宅 «  | BLOG TOP |  » レポはにっこり、試験対策はさっぱり

プロフィール

nono

Author:nono

慶應通信 67期10月学士入学:文学部 第2類
行き当たりばったりで勉強中。
興味の対象:フランス史と西洋美術史

最新記事

カテゴリ

学習計画 (4)
専門必修科目 (15)
西洋史概説I (5)
歴史哲学 (2)
史学概論 (0)
東洋史概説I (0)
地理学I (0)
専門選択科目 (15)
フランス文学概説 (4)
19世紀のフランス文学 (7)
20世紀のフランス文学 (2)
国文学 (0)
フランス語 (5)
夜間スクーリング (11)
その他 (31)
夏期スクーリング (7)
卒論 (1)

最新コメント

ランキング

四季の風景時計

カウンター

単位取得状況

必修外国語
フランス語第一部(2)
フランス語第二部(2)
フランス語第三部(2)
フランス語第四部(2)
フランス語IV-A(1)
フランス語IV-B(1)
フランス語IV-B(1)
計11単位 / 8単位算入

専門科目:テキスト
西洋史概説 I (2)
歴史哲学(2)
オリエント考古学(2)
東洋史特殊(2)
西洋史特殊I(2)
新・日本史特殊l(2)
フランス文学概説(3)
十九世紀のフランス文学l(3)
十九世紀のフランス文学Ⅱ(3)
二十世紀のフランス文学(3)
フランス文学史II(4)
ロシア文学(2)
科学哲学(4)
社会学史2(2)
(計36単位 / 40単位中)

専門科目:スクーリング
西洋史概説(2)夏スク
東洋史概説(2)夏スク
西洋史特殊(2)夜スク
東洋史特殊(2)夏スク
日本史特殊(2)夏スク
西洋史概説(2)夏スク
イタリア文学(2)夏スク
フランス文学(2) 夏スク
フランス文学史(2) 夏スク
音楽史(2)夜スク
図書館・情報学(2)夜スク
西洋美術史(2)夜スク
宗教学(2)夜スク
人文地理学(2)夜スク
日本史特殊(2)夜スク
総合講座(2)夜スク
(計32単位 / 28単位算入)

学士入学おまけ / 40単位
計119単位中 / 112単位算入

RSSリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

アーカイブ

毎日の花の色と四季

毎日の花色と四季の景色変わります